アサーション(適切な話し方)・スキル

         アサーション研修で学ぶ

 I(アイ)メッセージ

   私は○○と思う

   私は○○と感じる

   私は○○のようにしたい

   私は○○を断る

 

というように「私」を主語にした私の視点からの話し方です。

 

自分の意見や感じ方を、自分が責任をもって述べていることを明確にする話し方です。 このため、相手に押しつけたり、相手を責めたり傷つけたりする言い方になりません。

 

反対に「YOU(あなた)」を中心に話すYOUメッセージがあります。

YOUメッセージは、話していることの責任が相手にあると非難しているように感じられるので、人間関係を損なう恐れがある言い方です。

 

(例)あなたが××するのは間違っている

   あなたは××した方が良かったのに


リスニング(傾聴)スキル

「あなたはOK」であることを認め、尊重していることを態度で示す方法です。

 

また、こちらが率直に自己主張したすると、相手が思わず主張から自分を守ろうとする、防衛的な態度を示すことがあります。

 

相手の話をじっくり聴くことで、こうした防衛的な態度を和らげることができます。

 


課題達成、問題解決のアサーション(DESC法)

話し合いや会議で意見をまとめ、課題の達成や問題の解決を目指すときのアサーションです。

 

事実、話し手の意見、感情を意識的に区別し、整理して話すスキルです。

 

あらかじめDESCのステップを踏んでセリフづくりを行い、実際の場にのぞみます。

D:describe

描写する

状況、相手の言動を、客観的、具体的に述べ、現実を共有する。議論のベースをつくる。

E:express explain

 empathize

表現する

説明する

共感する

自分の感じていること(気持ち)を表現する。冷静に、明確に、建設的に述べる。

S:Specify

提案する

相手に望む言動、解決策を提案する。現実的、具体的で、少しの変更で済む程度の実行可能な提案をする。

C:choice

選択する

肯定的な結果、否定的な結果の場合それぞれについて、具体的で実行可能な選択肢を示す。