コーチングの歴史と活用分野

         コーチングの主な歴史

16世紀中頃:コーチ(Coach)の語源が成立

 コーチ(Coach)とは「馬車」の意味。ハンガリーのコチ(Kocs)の町で、農閑期の収入源として作られた四輪の馬車コーチ(Kocsi)に由来する。

1840年代:個人教師をコーチと呼ぶ

 オックスフォード大学で家庭教師(チューター:tutor)を、目的に運ぶ馬車にたとえてコーチと呼ぶようになり、指導者の意味をもつようになった。

1880年代:スポーツ分野で使われ始める

 ボート競技で、指導者をコーチと呼ぶようになった。

1950年代 : マネジメント分野で使われ始まる

 ハーバード大学助教授マイルズ・メイズは著書で、「コーチングは人間中心のマネジメントの中で重要なスキル」と述べた。

1980年代:米国でコーチング関連書籍の出版が盛んに

1990年代:コーチの養成とコーチングの普及が盛んに

 米国でコーチの養成機関が続々と設立される。

 国際コーチ連盟が設立される。

 日本にコーチングが導入される(CTIジャパン、Coach21など)

 

         コーチングの活用分野

企業の人材育成

学校教育

家庭での子育て