株式会社MOMOのホームページ・サイトマップ

       ファシリテーション研修

-チーム・組織の活性化・会議の効率化に!-


▍ファシリテーションとは


ファシリテーション研修|㈱MOMO

メンバーの議論が噛み合わない、無駄な会議が増えて困っていませんか。職場で最も難しいコミュニケーションが、集団での議論・意思決定です。

 

集団の議論を効果的に進めるには、意見やアイデアを引き出すようにメンバーに関わり、議論の場をマネジメントする「ファシリテーション・スキル」を習得する必要があります。


▍ファシリテーションの対象は2つ


  議論の場には、話の内容(コンテンツ)と内容以外のその場の全て(プロセス)があります。

 

ファシリテーター(ファシリテーションを行う人)には、この2つを同時に扱う力が求められます。

議論の内容「何を?」をマネジメントする

 かみ合った意味のある議論をするためには、発言の内容(コンテンツ)

を正確に理解し、論理的に結論に導く司会進行が必要です。

 

場に起こっていること全て「どのように?」

ファシリテーション研修|株MOMO

 集団のコミュニケーションでは、

・メンバーの感情や態度

・メンバー同士の人間関係、お互いの

 影響

・場の雰囲気

など、その場に存在している見えないものの影響を受けます。

 

こうした場で起こっていること(プロセス)に素早く気づき、最適なコミュニケーションや関わり方をとっていくことが重要なのです。

 


▍ファシリテーションの効果


①創造的な思考・アイデアを生む

 発言しやすく、活発な意見交換で刺激し合う場をつくることによって、創造的な意見やアイデアを生み出すことができます。

(企画業務、開発業務、問題解決プロジェクトなどに)

②集団の意思決定が容易になる

 議論が出尽くしたら、論理的に

意志を確認し、集団としての判断を決することができます。

③社員の参画意識が高まり、能力とやる気が出る

 経験やポジションなどに関係なく、全ての発言、全ての人の気持ちが大切にあつかうことで、議論に積極的に参加するモチベーションを高めることができます。

 


▍ファシリテーション研修プログラム


研修の目的・狙いと対象者

ファシリテーション研修
議論の見える化
  • 管理職
  • チーム、プロジェクトのリーダー
  • 企画・開発部門の方々
  • 会議の効率化を狙う方々

研修カリキュラム(例)

体験学習(実演または実習⇒経験の振り返り⇒講義で理解する)を通じて、 頭と心と体に刻み込みます。

 

  ファシリテーション研修(2日間の場合)

9:30~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

17:00 

  <オリエンテーション>

 1.ファシリテーション観察

    デモ→振り返り 

 2.ファシリテーションとは

    講義 

    Q&A

 3.基本スキルを学ぶ

  ①リスニング(傾聴)

      実習→振り返り→講義

  ②発散をうながす

     態度・関わり方

    実習→振り返り→講義

  ③議論の見える化

    実習→振り返り→講義

   <1日目の振り返り>

 ④建設的対立と合意形成

   実習→振り返り→講義

 4.創造的な議論の

  ファシリテーション

   実習→振り返り→講義

   Q&A

 5.合意形成・意思決定の

   ファシリテーション

   実習→振り返り→講義

   Q&A 

  6.職場での

  ファシリテーション

    活用

  行動計画づくり 

<研修全体の振り返り> 

 
 
 ※随時、休憩をはさんで行います。
 ※貴社のニーズ・ご要望に合わせて、設計させていただきます。

MOMOのファシリテーション研修はここが違う!

経営コンサルタントのプロのファシリテーションが観察できる

 

企業の現状を踏まえた講義、具体的な質疑応答で、すぐに役立つコツをお教えします。


▍ファシリテーションについてさらに詳しくは



▍教育・研修お問合わせフォーム


 ファシリテーション研修、コミュニケーション・人間関係の研修・セミナーについてもっと詳しくお知りになりたい方は、こちらからお問合わせください。

 

 研修の目的、対象者、盛り込みたい内容、所要時間などのご希望をご記入いただければ、貴社に最適な研修・セミナーのご提案・お見積をさせていただきます。


メモ: * は入力必須項目です


コミュニケーション・良好な人間関係ふくりの社員研修・社員教育
ファシリテーション社員教育・研修