株式会社MOMOのホームページ・サイトマップ

 社員研修

    「きき方を学ぶ 」 リスニング研修


「聴く」ことが人間関係の基本

リスニング(傾聴)とは

体験型リスニング研修|MOMO

 コミュニケーションの基本は、まず「きく」ことです。

 

「聴く力」を高めれば、相手との良好な人間関係がつくれます。

 

しかし、相手の話を漫然と「聞く(ヒアリング)」ことはできても、真意や気持ちなど深いレベルまで「聴く(リスニング)」ことができる人は少ないのが現状です。

 

「聴く力」によって、職場での成功友情や家族関係に大きな差がつきます。

 

   リスニング「きく力」の機能

相手の深い理解

信頼に結ばれた安定した人間関係

自分自身について理解を深める

  企業での「きく力」の効果

ビジネスの成果(担当者レベル)

  1. 営業場面 : 短時間で顧客と信頼関係を築ける、顧客の要望やニーズを的確にききとることができる(潜在ニーズまで)、顧客の満足度と成約率も高まります。
  2. 新商品・新事業開発面 : 商品開発・マーケティング担当者が顧客の気持ちや隠れたニーズをききとれるようになります。

 

マネジメントの効果(マネジャーレベル)

  1. 業務遂行・管理面 : 上司、部下双方のきく力を強めることで、報告・相談・連絡がスムーズに行えるようになります。
  2. 部下育成面 : ある程度知識と経験を身につけた部下には、しっかり質問しながらきく(アクティブ・リスニング)ことで、能力とやる気を引き出すことができます。
  3. メンタルヘルス面 : 元気がない、悩んでいる様子の部下に対して、普通ではききとれない感情や隠れた思いをきくことで、相手の心を軽くしメンタルヘルスの不調を未然に防ぐことができます。(ラインケア)

▎研修プログラム

研修の目的・狙い、対象者

リスニング(聴き方)研修
  • 部下を育成するマネジャー
  • 顧客のニーズをキャッチする必要のある営業・マーケティング部門の方
  • コミュニケーション・人間関係の向上を目指す全社員

研修カリキュラム(例)

体験学習(実演または実習⇒経験の振り返り⇒講義で理解する)を通じて、頭と心と体に刻み込みます。

  リスニング(聴き方)研修(2日間の場合)

9:30~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

17:00

  <オリエンテーション>

 1.リスニング(傾聴)観察

    デモ→振り返り 

 2.リスニング(傾聴)とは

    講義 

    Q&A

 3.基本スキルを学ぶ

  ①傾聴のスキル

 実習→振り返り→講義

  ②応答と要約のスキル

    実習→振り返り→講義

  ③承認・賞賛のスキル

    実習→振り返り→講義

  <1日目の振り返り>

 ④質問のスキル

   実習→振り返り→講義

 ➄自己管理のスキル

   実習→振り返り→講義

   Q&A

 5.メンタルヘルスケア

   に活用するリスニング

   実習→振り返り→講義

   Q&A 

6.職場での

  リスニングの活用

  行動計画づくり

<研修全体の振り返り>

 
※随時、休憩をはさんで行います。
※貴社のニーズ、ご要望に合わせて個別に設計することもできます。

    リスニング(聴き方)をもっと深く知るには

    リスニング(聴き方)研修<参加者の声>

 研修後のアンケートから参加者の声を抜粋

  • 今までは相手の話をきいていなかったと反省している。
  • 聴くことがこんなに難しいと思わなかった。
  • 真剣に聴こうとしても、自分の思いや考えを言いたくてたまらなくなってしまう。
  • 自分の気持ちをコントロールすることが大切だと分かった。
  • 研修の間中、講師が研修生の話を真剣に聴く姿を見てすごいと思った。 まねしていきたい。

▍研修・セミナーお問い合わせフォーム


リスニング・スキルを体験して学ぶ研修・セミナー
リスニング研修

 

 リスニング(傾聴)研修についてもっと詳しくお知りになりたい方は、こちらからお問合わせください。

 

 研修の目的、対象者、盛り込みたい内容、所要時間などのご希望をご記入いただければ、貴社に最適な研修・セミナーのご提案・お見積をさせていただきます。

 


メモ: * は入力必須項目です