株式会社MOMOのホームページ・サイトマップ

 国際コーチ連盟(ICF)によるコーチングを行う際に必要な核となる能力水準(コンピテンシー)-1


▍ICF Core Competencies


 
 以下の11のコーチングを行う際に必要な核となる能力水準は、ICFが現代のコーチングプロフェッショナルと認めるコーチたちによって用いられているスキルやクライアントへの接し方について、人々がより理解を深めるために開発されました。
 
The following eleven core coaching competencies were developed to supprot greater understanding about the skills and approaches used within today's coaching profession as defined by the ICF.
 

 同時に、これらのコーチングを行う際に必要となる能力水準は、あなたが経験してきたトレーニングと、ICFが期待するコーチのための専門トレーニングを照らし合わせる際の基準として、有効に活用できるでしょう。

 

They will also support you in calibrating the level of alignment between the coach specific training expected and the training you have experienced.

 

 そして、これらの能力水準は、ICFの資格認定を行う上での土台として用いられました。

 

Finally,these competencies were used as the foundation for the ICF Credentialing process examination.

 

 能力水準は論理的に組み合うもの同士をグループ化して、4つの集まりに分けられています。

 

The core competencies are grouped into four clusters according to those that fit together logically based on common ways of looking at the competencies in each group.

 

A. 基盤を整備する SETTING THE FOUNDATION

 

1.倫理指針とプロフェッショナルの基準を満たしている

Meeting Ethical Guidelines and Professional Standards

 

2.コーチングの契約を確立する

Establishing the Coaching Agreement

 

B.関係性を共に築く CO-CREATING THE RELATIONSHIP

 

3.クライアントと共に信頼感と安心感を作り上げる

Establishing Trust and Intimacy with the Client

 

4.コーチングを行う際のコーチの在り方 Coaching Presence

 

C.効果的なコミュニケーション COMMUNICATING EFFECTIVELY

 

5.積極的傾聴 Active Listening

 

6.人を動かす質問 Powerful Quesitoning

 

7.明確なコミュニケーション Direct Communication

 

D.学びと結果を促進させる FACILITATING LEARNING AND RESULTS

 

8.気づきの創造 Creating Awareness

 

9.行動のでデザイン Designing Action

 

10.計画とゴール設定 Planning and Goal Setting

 

11.進捗と説明責任の管理 Managing Progress and Accountability

 

※翻訳者である国際コーチ連盟日本支部(ICF Japan Chapter)の承認をいただいて掲載しております。


株式会社MOMO代表高橋澄子のコーチ力
国際コーチ連盟(ICF)のコーチングコンピテンシー(1)