株式会社MOMOのホームページ・サイトマップ

国際コーチ連盟(ICF)によるコーチングを行う際に必要となる能力水準(コンピテンシー)-4


C. 効果的なコミュニケーション

CO-CREATING THE RELATIONSHIP


5.積極的傾聴

Active Listening

 

 クライアントが願望として語っている意味を理解し、その自己実現をサポートするために、クライアントが語っていること及び語っていないことに、完全に集中できる能力

 

Ability to focus completely on what the the client is saying and is not saying, to understand the meaning of what is said in the context of the client's desires, and to support client self-expression.

1.クライアント本人とクライアントの持っている筋書きに注意を向けて聴くのであって、コーチがクライアントのために用意した筋書きに注意を向けて聴くのではない

 

Attends to the client and the client's agenda, and not to the coach's agenda for the client.

 

2.クライアントの関心事、目的、価値観、そして、何が可能で何が不可能なのかについての思い込みを聴き取る

 

Hears the client's concerns,goals,values and beliefs about what is and is not possibly,

 

3.言葉、声のトーン、ボディランゲージを聴き分ける

 

Distinguishes between the words, the tone of voice, and the body language,

 

4.クライアントが述べていることを明解にし、理解を確実にするために、要約したり、言い換えたり、繰り返したり、おうむ返ししたりする

 

Summarizes, paraphrases, reiterates, mirrors back what client has seid to ensure clarity and understanding,

 

5.クライアントの感情や認知、関心、信念、提言など醸し出される様々な表現をすることに勇気づけ、受け入れ、探索し、強化する

 

Encourages, accepts, explores and reinforces the client's expression of feelings, perceptions, concerns, beliefs, suggestions, etc.,

 

6.クライアントの考えや提言を積み上げていく

 

Intergrated and builds on client's ideas and suggetions,

 

7.「要するにクライアントは何が言いたいのか」ということ、もしくはクライアントのコミュニケーションの本質を理解し、クライアントに長い説明をさせるよりは、クライアント自身が要点にたどり着くのを助けている

 

"Bottom-lines" or understands the essence of the client's communication nad helps the client get there rather than engaging in long descriptive stories,

 

8.クライアントが次のステップに進むために、決めつけやこだわりを捨て、発散を促したり、状況を「クリア」したりすることができるようにする

 

Allows the client to vent or "clear" the situation without judgement or attachment in order to move on to next steps.

 


6.人を動かす質問

Powerful Questioning

 

 コーチング関係およびクライアントが最大の効果を得るために必要な情報を明らかにする質問ができる能力

 

Ability to ask questions that reveal the information needed for maximum benefit to the coaching relationship and the client.

1.積極的傾聴とクライアントの視点への理解を踏まえて質問をする

 

Asks questions that reflect active listening and an understanding of the client's perspective,

 

2.発見、洞察、約束、あるいは行動(例えば、クライアントの設定を超えるものなど)を引き出す質問をする

 

Asks questions that evoke discovery, insight, commitment or aciton(e.g.,those that challenge the client's assumption),

 

3.さらなる明解さや可能性や新たな学びを生み出すための、オープンクエッションをする

 

Asks open-ended questions that create greater clarity, possibility or new learning,

 

4.クライアントが過去に囚われたり、過去を正当化したりする質問ではなく、クライアントが望むものに向かって動くような質問をする

 

Asks question that move the client towards what they desire, not questions that ask for the client to justify or look backwards.


7.明確なコミュニケーション

Direct Communication

 

 コーチングのセッション中に、効果的にコミュニケーションを運がしたり、クライアントに最も肯定的な影響を与える言葉を使う能力

 

Ability to communicate effectively during coaching sessions, and to use language that has the greatest positive impact on the client.

1.共有する際に、明解で適切で直接的な表現を用いて、フィードバックを提供する

 

Is clear, articulate and deirect in sharing and providing feedback,

 

2.クライアントが望んでいることや、はっきりしていないことを、別の観点で解釈出来るよう捉え直してみたり明確な表現に言い換えたりする

 

Reframes and articulates to help the client understand from another perspective what he/she wants or is uncertain about,

 

3.コーチングの目的、テーマ、テクニックやワークの目的を、はっきりと提示する

 

Clearly states coaching objectives, meeiong agenda, purpose of techniques or exercises,

 

4.適切な言葉(例えば、性差別的でない、人種差別主義的でない、技術的でない、専門用語ではない言葉)を使用し、クライアントには敬意を払う

 

Uses language appropriate and respectful to the client(e.g., non-sexist, non-racist, non-technical, non-jargon),

 

5.要点を描写したり口頭で表現したりするのを助けるために、比喩と類推を使用する

 

Uses metaphor and analogy to help to illustrate a point a verbal picture.

 

※翻訳者である国際コーチ連盟日本支部(ICF Japan Chapter)の承認をいただいて掲載しております。


株式会社MOMOの会社概要に戻る
国際コーチ連盟のコーチングをコンピテンシー(4)