株式会社MOMOのホームページ・サイトマップ

 国際コーチ連盟(ICF)によるコーチングを行う際に必要な核となる能力水準(コンピテンシー)-5


D. 学びと結果を促進させる

FACILITATING LEARNING AND RESULTS


8.気づきの創造

Creating Awareness

 

 複数の情報を統合し、正確に評価して、クライアントが気づきを得るのを助ける解釈をし、それによってお互いに合意した結果を実現する能力

 

Ability to intergrate and accurately evaluate multiple sources of information,and to make interpretation that help the client to gain awareness and thereby achieve agreed-upon results.

1.クライアントの説明に捕らわれずに、クライアントの考えを捉えた上で、語られていることの範囲を跳び越える

 

Goes beyond what is said in assessing client's concerns,not getting hooked by the clinet's desciption,

 

2.より深い理解、気づきと明解さのために、問いかけを有効につかっている

 

Invokes inquiry for greater understanding,awareness and clarity.

 

3.クライアントの潜在的な考え、クライアント自身と世界への固定的な物の見方、事実と解釈との違い、思考や感情と行動の間の不均衡を、クライアントのために見極めている

 

Identifies for the client his/her underlying concerns, typical and fixed ways of perceiving himself/herself and the world differences between the facts and the interpretation,disparities between thoughts, feelings and aciton.

 

4.クライアントが行動力を強化し、自分にとって重要な何かを達成するために、新しい思考、新しい信念、新しい視野、新しい感情、新しい気分、などを発見することを助ける

 

Helps clieents to discover for themselves the new thoughts,beliefs,perceptions,emotions,emotions,moods,etc.that strengthen their ability to take aciton and achieve what is important to them,

 

5.クライアントにより広い視野を伝え、クライアントが視点を変化させよう、新たな行動の可能性を見つけようとする決意を促す

 

Communicates broader perspectives to clients and commitment to shift their viewpoints and find new possibilities for action,

 

6.クライアントが、本人とその振る舞いに影響を与えている個々の要因(例えば、思考、感情、身体、背景)とその関係性を発見する助けをする

 

Helps clients to see the different,interrelated factors that the affect them and their and their behaviors(e.g.,thoughts,emotions,body,background),

 

7.クライアントにとって有用で意味があるやり方で、知見を伝える

 

Express insights to clients in ways that are useful and meaningful for the client,

 

8.クライアントの「主要な強み」と「学びと成長の主要な余地」、そして、コーチングで扱うべき最も重要なことをはっきりさせる

 

Identifies major strengths,vs.major areas for learning and growth,and what is most important to address during coaching,

 

9.クライアントによって語られていることと、クライアントの行動とが分離していると感じたとき、些細な問題と重要な問題、状況による行動と習慣化した行動を区別するように、クライアントに要求する

 

Asks the client to distinguish between trival and significant issues,situational vs. recurring behaviors,when detecting a separation between what is being stated and what is being done.

 


9.行動のデザイン

Designing Actions

 

 コーチングの中でも仕事やプライベートの場面でも学び続ける機会を生み出す能力と、クライアントと合意したコーチングの結果に最も効果的に繋がるような新しい行動をとる能力

 

Ability to create with the client opportunities for ongoing learning,during coaching and in work/life situation, and for taking new actions that will most effectively lead to agreed-upon coaching results.

1.クライアントが、新たな学びを実践し、繰り返し、深めるために、ブレーンストーミングを行って、クライアントが行動を具体的に決めることを支援する

 

Brainstorms and assists the client to define acitons that will enable the client to demonstrate,practice and deepen new learning,

 

2.クライアントが合意したゴールを達成することに影響を与える、重要な懸念や機会を、体系的に探索し、焦点を絞ることを支援している

 

Helps the client to focus on and sysematically explore specific concerns and opportunities that are central to agreed-upon coaching goals,

 

3.クライアントが選択肢を吟味し、意思決定を行うために、別のアイデアや解決策を模索することに取り組ませる

 

Engages the client to explore alternative ideaz and solutions,to evaluate options, and to make related decisions,

 

4.クライアントがセッション中に議論し学んだことを、はるべく早く、仕事や人生の場面に活かすように仕向けることで、クライアントの自発的な試みと自己発見を奨励する

 

Promotes active experimentation and self-discovery, where the client applies what has been discussed and learnd during sessions immediately afterwards in his/her work or life setting,

 

5.将来の成長のためのクライアントの成功や能力を祝福する

 

Celebrates client successes and capabilities for future growth,

 

6.新しいアイデアを生み出し行動の新たな可能性を見つけるために、クライアントの想定と視点に挑戦する

 

Challenges client's assumptions and perspectives to provoke new ideas and final new possibilities for aciton,

 

7.クライアントの持っているゴールに合わせて様々な視点を提示したり、推奨したりするが、コーチはそれには固執しないで、クライアント自身で考えることに取り組ませる

 

Advances or brings forward paints of that are aligned with client goals and, without attachment,engages the to consider them,

 

8.コーチングセッションの中に、その場でサポートを提供し、クライアントが「今、行動する」ことを支援する

 

Helps the client"Do It Now"during the coaching session,providing immediate support,

 

9.勇気づけ、伸ばし、挑戦させるる、クライアントにとって快適な学びのベースを守る

 

Encourages stretches and challenges but also a comfortable pace of learning.

 


10.計画とゴール設定

Planning and Goal Setting

 

 クライアントと効果的なコーチングの計画を作成し、維持する能力

 

Ability to develop and maintain an effective coaching plan with the client.

1.クライアントが課題に向き合い、広範囲に学び、成長するように、集めた情報をまとめて、コーチングの計画や成長目標を確かなものにする

 

Consolidates collected information and establishes a coaching plan and development goals with the client that address concerns and major areas for learning and development,

 

2.達成可能で、測定可能で、具体的で、達成期日のある成果を見込んだ計画を作成する

 

Creates a plan with results that are attainable,measurable,specific and have target dates,

 

3.コーチングの進め方と状況の変化に適切に応じて、計画の調整を行う

 

Makes plan adjustments as warranted by the coaching process and by changes in the situation,

 

4.クライアントが、学びのためのさまざまな支援情報(例えば、書籍、その他の専門家)を特定し、利用できるように助ける

 

Helps the client identify and access different resources for learning(e.g.,books,other professionals),

 

5.クライアントにとって重要な早期の成果とは何かということを特定し、それを目標とする

 

Identifies and targets early successes that are important to the client.

 

[<<]  前へ

 

※翻訳者である国際コーチ連盟日本支部(ICF Japan Chapter)の承認をいただいて掲載しております。


株式会社MOMOの会社概要に戻る
国際コーチ連盟(ICF)のコーチングのコンピテンシー(5)