#2 辛い思いを抱えている人たちのために、私たちは何ができるのでしょうか 

        励まし勇気づける心の言葉2

2011年3月11日 東日本大震災が起こり多くの方々の苦しみが始まりました。

 

1年たった現在も、被災地のがれき処理は進まず、普通の生活を取り戻すためにどのくらいの年月がかかるか分かりません。

 

また、福島から避難されている方々もいつ故郷に帰られのか、まったく分かりません。

 

大切な人、家、所持品、地域のつながり、ふるさと、一瞬で多くのものを亡くした方々がたくさんいらっしゃいます。

 

災害の衝撃、恐ろしい記憶、先の見えない不安、みなさんの心の傷は想像できないほど深いもののはずです。

傷ついた人たちに思いを巡らすことが、最低限私たちにできることではないでしょうか。

忘れずに思いつづけ、今、自分にできることをずっと考え続けていきましょう。


<心の言葉3へ                          心の言葉1へ>