「個人の能力と特性」について書いています。

       MOMO代表の「人を想う」ブログ

人は、その生涯にわたって成長する存在だと

いわれています。

 

年齢に応じた共通の悩みや問題に直面することは、

あまり知られていません。

 

個人に焦点を当てて、世代ごとの悩みや解決の視点と、

個人の能力や独自性について書いていきます。

喪失と向きあう中年後期|中年期の危機(2)

中年期の危機

こんにちは、コーチ・コンサルタント・カウンセラーの

MOMO(モモ)高橋澄子です。

 

 変化に揺れ動く中年前期|中年期の危機(1)

 

では、中年の前半(40歳から定年を迎える55歳頃)に、仕事、家庭、身体などの数多くの変化に出会い、心が揺れることをお話しました。

 

では中年後期(55歳頃~64歳まで)はどうなのでしょうか。

 

中年後期に出会う変化

中年も後期になり老年に近づくと、こんな変化に出会うことになります。

 

職業上の変化

 

・職業人生の終わり

 

 企業・組織で働く人の多くは定年を迎えます。

 

 長い間つとめあげたことに、満足感を味わいます。

 

しかし、仕事に大きな価値をおいていた人ほど、仕事上の役割、目標、仲間、肩書きなどを失ったことに、大きな喪失感を感じます。

家族の構造の変化


・子供の自立と親役割の終了 

 

 進学、就職、結婚などで子どもが巣立っていきます。

 

 巣立ちを喜び安堵する一方で、言いようのない寂しさや虚しさに

 とらわれます。


夫婦関係の見直し

 

 子どもの巣立ちによって、夫婦二人きりの家庭生活に戻ります。

 

 子どもは挟んだ関係から、改めてこれからの夫婦関係をつくりなおす必要に迫られます。

 

・老親の介護と看取り

 

 老親や高齢者の深刻な病状や死に接し、自分の死を意識するようになります。

 

また老親や大切な人たちの死によって、深い喪失感を経験することが多くなります。

身体の変化(生物学的な変化)

 

・体力の衰え・老化

 

 中年前期から始まっていた目や耳などの感覚器の衰えや身体の機能の低下を一層感じるようになります。

 

また、同年代の仲間の深刻な病気を数多く耳にし、自分の健康への不安が現実味を帯びてきます。

 

心理面の変化


・喪失の受容と再生

 

 中年前期に経験する変化は、下降や衰退というネガティブな意味をもっているものがほとんどでした。

 

そこで、これまでの自分の生き方(アイデンティティ)ではもはや通用しないと感じることになりました。

 

さらに中年後期になると、職業、子どものいる生活、老親と、大切なものを次々に失っていきます。

 

そこで、この喪失を受け入れ、

 

自分自身の新しい人生をつくりあげていく

 

ことが中年期から老年期までの重要な課題として浮かび上がってきます。

 

変化と喪失の中年期は、後半生の自分の生き方を見つける挑戦の時期ともいえるのです。

 

「自分の生き方探し」は若い頃だけの悩みだと思っていた方はビックリされたかもしれませんね。

 

あまり知られていない「中年期に危機」については、別の記事でさらに掘り下げていきます。お楽しみに。

 

 

参考文献 :岡本裕子編 「中年の光と影-うつを生きる―」

      現代のエスプリ別冊至文堂

 

      京都府精神保健福祉総合センターホームページ

     「心と健康のためのサービスガイド」

 

「中年期の危機」に関する連載記事


このブログの書き手は⇒⇒⇒MOMO(モモ)高橋澄子プロフィール

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

MOMO(モモ)高橋のブログ更新情報
RSS登録

 この記事のテーマは

 カテゴリー一覧


0 コメント

変化にゆれうごく中年前期|中年期の危機(1)

こんにちは、コーチ・コンサルタント・カウンセラーの

MOMO(モモ)高橋澄子です。

 

 私たちの仕事や暮らしを左右する重要なポジションのほとんどは 

中高年が占めています。

 

社会に大きな影響を与える年代ですから、心身ともに健康で

いて欲しいですよね。

 

ところが、中高年が精神的にどんな状態にあるかはあまり

知られていません。

 

中高年ときくと、なんとなく落ち着いた安定した姿を思い浮かべませんか。

しかし、実態は迷い揺れ動く危機の年代なのです。

 

このブログでも何回に分けて、中高年が出会う危機についてご紹介したいと思います。

 

中高年とは

 一般にいう中高年は、心理学ではまとめて中年期と呼ばれ、40~64歳までの25年間を指します。

 

中年期の最大の特徴は、さまざまな変化に見まわれることです。

 

経験する変化によって、前期(40~55歳頃)後期(55~64歳)

に分けて見る必要があります。

 

この記事では、まず中年前期(40~55歳頃)について見ていきます。

 

中年前期で経験するさまざまな変化

職業上の変化

 

・役割・立場の変化


 現場の担当者から、部下をもつ上司やマネジャー、プロジェクトや チームのリーダーという役割への変化があります。

 

 自分の仕事ぶりで成果を出すやり方から、部下を教え部下をつうじて成果を出すやり方へ転換を図らなければなりません。

 

・仕事上の限界の認識


 長い経験から、自分の能力やキャリアの限界をある程度予測できる

 ようになります。

 

 挫折を味わうと、もうやり直しがきかないとあきらめと失望を

 感じます。

 

 若い頃描いていた将来像と現実とのギャップに心が揺れる

こともあります。

家族の構造の変化


・親役割の減少と子どもとの関係の変化


 子どもだちは思春期に入り、親とは別の自分たちの世界を広げ、親との接し方や家庭生活のルールの変更を求めてきます。

 

  そこで、親としての役割や親子関係を柔軟に変え、子どもたちの変化に対応していかなければなりません。

 

・老親の世話や介護


親の老化や病気を受け入れ、世話や介護を担うこともあります。

 

身体の変化(生物学的な変化)


・体力の衰え・老化


 若いときのように無理がきかなくなったと思い、老眼や白髪

 に気づき、はっきりと老化を感じるようになります。

 

 生活習慣病が起こりやすくなる時期で、健康が気になり出します。


・ホルモン活動の減退(閉経)


 女性は、ホルモンの減少によって閉経(生理の終了)を迎えます。

 また、男女ともにホルモンの減少から更年期障害の症状が

 出ることがあります。

  

心理面が変化する


・自己の有限性の自覚 

 

 数多くの変化が同時期に起こることで、

 

 もう今までの自分では通用しない

 

 と感じ始めます。ではこれからどうやっていけばいいのかと

 

 自分の生き方やあり方について見直し


 を迫られていきます。

 

これだけの変化にあうだけで精神的に大きな負担です。

さらに、その結果として今までの生き方やあり方の見直しが課題となっておおいかぶさってくるのでした。

 

中年後期(55歳~64歳)なると、さらに喪失と死に出会うことになるのですが、それはまた別の記事で。

 

参考文献 :岡本裕子編 「中年の光と影-うつを生きる―」

      現代のエスプリ別冊至文堂

 

      京都府精神保健福祉総合センターホームページ

      「心と健康のためのサービスガイド」

 

「中年期の危機」に関する連載記事


この記事の書き手は ⇒⇒⇒ MOMO(モモ)高橋澄子のプロフィール

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

MOMO(モモ)高橋のブログ更新情報
RSS登録

 この記事のカテゴリー

 カテゴリー一覧


0 コメント

教えるとき教わるときに知っておきたい学ぶ人の状態

学習のレディネス

こんにちは、コーチ・コンサルタント・カウンセラーの

MOMO(モモ)高橋澄子です。

 

仕事にも生活にも、必要な知識やスキルがありますね。

身につけるために、自分で勉強したり、先生や上司から教えてもらってきたのではないでしょうか。

 

そして、今では人を教える立場になっていらっしゃるかもしれません。

 

そこで今日は、学ぶときにも、教えるときにも知っておきたい、学習の効率を左右する「学ぶ人の状態」について考えます。

 

学習のレディネス(readiness)とは

何かを学ぼうとするとき、学ぶ人がどの程度準備できているかは、能力意欲の2つのかけあわせで分かります。

 

この準備状態を、学習のレディネス(readiness)とよびます。

 

能力(Ability)

 

 学習しようとする課題(作業、活動、課業)に関する知識、経験、スキル(技能)

※能力というと、一般に「課題を遂行できる力」の意味でつかわれていますが、ここでは遂行する力のベースとなる「知識・スキルをもっているか」「経験がどの程度あるか」かも含みます。

 

たとえば「フルマラソンを完走する」という課題では、

 

・フルマラソンを完走するために必要な知識をもっている

 (ex.理想的な走り方、練習方法、レースの参加方法、疲れをとる方法)

・完走できる体力・技術をもっている(スキル)

・完走できるだけの練習をつみ、相当な距離を走っている(経験)

 

ことが高い能力がある状態です。

 

意欲(Willingness)


 学習しようとする課題(作業、活動、課業)を行うことに関する自信、打ち込み具合(熱意)、学習する動機の程度

※ここには、課題達成に対する「熱意」や「学習しようと思った動機(理由)の強さ」はもちろんのこと、「自分にはできそうだと思える自信」も含まれます。

 

たとえば「フルマラソンを完走する」という課題については、

 

・友達が完走した姿に感動し、自分も走りたいと強く思った(動機)

・絶対に完走してやるという強い意気込みがある(熱意)

・自分は完走できると信じている(自信)

 

高い意欲がある状態です。

 

一生懸命教えても教わっても、なかなか効果が上がらないのは、学ぶ人の準備ができていない、学習のレディネス(readiness)レベルが低からだと考えられます。

学習のレディネス・レベル

4つのレディネス・レベル

では、レディネスレベルを見てみましょう。

レベル1 : 能力が低い × 意欲も低い 状態にある

 

能力が低い(例)

・初めてやる仕事で、新しく覚えなければならないことばかりだ

  

意欲が低い(例)

・覚えることだらけでやる気がわかない

・新しい業務ができるかどうか不安だ

 

このレベルにある人は、与えられた課題を、自分にとって必要なことだと考えない傾向があり、できれば避けてとおりたいと思うこともあります。

 

後ろ向きの姿勢なので、学習の効果がもっとも出にくい状態です。

 

レベル2 : 能力が低い × 意欲は高い 状態にある

 

能力は低い(例)

・初めてやる仕事で、覚えなければならないことばかりだ

 

意欲は高い(例)

・新しいことへの挑戦するはワクワクする

・覚えれば自分にもできると思う

 

このレベルにある人は、能力を高める時間は必要ですが、高い意欲が努力を後押しするので、学習の成果はあがります。

 

レベル3 : 能力は高い × 意欲は低い 状態

 

能力は高い(例)

・この商品は初めてだが、営業であることに変わりはない

・過去の経験を十分活かせる


意欲が低い(例)

・忙しい中、新しい商品を手掛けるのは面倒だ

・自分ががんばってもこの商品は売れないだろう

 

このレベルにある人は、意欲が低いため、せっかく持っている高い能力を発揮できず、あまり成果がでないおそれがあります。

 

レベル4 : 能力は高い × 意欲も高い


能力は高い(例)

・この商品は初めてだが、営業であることに変わりはない

・過去の営業経験を十分活かせる


意欲が低い(例)

・新しい商品を取り扱えるのはうれしい

・工夫すれば顧客に受け入れられる商品にできる

 

このレベルの人は、足りない部分を自分で積極的に学んでいくので、習得も早く、いち早く成果をあげることができます。

 

 

このように、それぞれのレベルにある人をイメージすると、学習で気をつける点効果的な指導の方法が違ってくるのが分かりますね。

 

学ぶときも、教えるときもまず学習者のレディネスを確認することをおすすめします。

 

※レベルごとの学習や指導のポイントは、別に記事でご紹介します。

 


この記事の書き手は ⇒⇒⇒ MOMO(モモ)高橋澄子のプロフィール

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

人を想うブログ更新情報
RSS登録

 この記事のカテゴリー

 カテゴリー一覧


0 コメント

新人から経営トップまで、仕事には人間関係をつくる力が大切

こんにちは、コーチ・コンサルタント・カウンセラーの

MOMO(モモ)高橋澄子です。

 

仕事の悩み相談や社員研修の中で、みなさんからよくたずねられるのが、

 

「 仕事のために磨いておいた方が

    良い能力・スキルは何ですか? 」

 

という質問です。

そこで今日は、組織で働く人に必要な能力・スキルを考えたいと思います。

必要なスキルは3つある

社員に必要な能力・スキルは、大きく3つにまとめられます。

 

テクニカル・スキル(専門能力)

 

 特定の業務を行うために必要な知識や方法や、必要な機器・設備などを使う能力。
業務経験を通じて、また研修やトレーニングによって習得できます。

 

 入社してしばらくは、まず自分の業務に関連するテクニカル・スキル(専門能力)を身につけ、上司の指示を待たずに、1人で仕事ができるようになることが目標となります。

 

テクニカル・スキル(専門能力)を習得するためには、上司や先輩の指導が欠かせません。

 

そこで、指導する側される側、ともに気持ちよくつき合える人間関係をつくる力、ヒューマン・スキル(対人関係能力)も同時に必要です。

 

ヒューマン・スキル(対人関係能力 or 人間関係構築能力)

 

  相手と十分なコミュニケーションがとれ、良好な人間関係をつくれる能力。

他人と協力して仕事をする、相手を動かし仕事をしてもらうために、なくてはならない力です。

 

相手のやる気を引き出す(動機づけ)の能力やリーダーシップの能力も、ここに含まれます。

 

一人で仕事ができるようになると、次に後輩や部下を指導することが増え、ヒューマン・スキル(対人関係能力)の重要性が高まります。

さらに、マネージャーやチーム・リーダーとして、部下の仕事を援助し管理するようになると、仕事の多くがヒューマン・スキル(対人関係能力)に関連するものとなります。

 

コンセプチャル・スキル(概念化能力)


 組織を取り巻く環境の変化、組織の抱える複雑な問題、自分の位置付や役割などを合わせて理解し、俯瞰的な視点から展望する能力です。

 

 経営幹部、部門責任者や事業責任者になり、現在の業績をあげるための施策から中長期の戦略まで構想するときに欠かせない能力です。

 

 

 また、構想したことを社員に浸透させ、熱意をもって実行してもらうためには、社員に語りかけるコミュニケーション力と、信頼されるに足る関係者への働きかけ、という高度なヒューマン・スキル(対人関係野力)が必要となります。

 

ビジネス人生を通じて役立つスキル

 

 このように、一般社員から経営幹部に至るまで、一貫して重要といえるのは、ヒューマン・スキル(対人関係能力)です。

 高い能力を期待されていた人材が、周囲との人間関係でギクシャクし、実力を発揮できない残念な例が数多くみられます。

 

 やっと最近になって、ヒューマン・スキル(対人関係能力)の重要性が注目されるようになってきました。


 あなたもヒューマン・スキル(対人関係能力)を意識して磨くことで、ビジネス生活の質(Business of Life)を格段に向上させることができますよ。

※1 P.ハーシィ、K.H,ブランチャード「行動科学の展開、人的資源の活用」 を参考にさせていただきました。

 


この記事の書き手は ⇒⇒⇒ MOMO(モモ)高橋澄子のプロフィール

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

MOMO(モモ)高橋のブログ更新情報
RSS登録

 この記事のカテゴリー

 カテゴリー一覧


0 コメント

企画好きは料理好き

こんにちは、コーチ・コンサルタント・カウンセラーの

MOMO(モモ)高橋澄子です。

 

企画を仕事にする専門家に料理好きが多いことをご存じですか。

 

私が一緒に仕事をして来た、広告やマーケティングのプランナー、新商品や新事業の企画者などは、男性でも料理を趣味にする人が多いのです。

それにはちょっと訳がありまして。

 

今日は、企画と料理の関係について考えてみたいと思います。

 

企画を仕事にする人が料理を好きなのは

料理が企画を実現するプロセスそのもの だからです。

 

例えばこんな風に。

 

目的を決める(何のための料理をつくるのか)

今晩、家族の夕飯をつくって一緒に食べよう。子供たちも好きだから

今日はイタリアンがいいかな。 大人はワインを飲もう。

 

目的を実現するための方法を考える(どんなメニューが最適か)

イタリアンとすると、前菜2種類と主食にパスタでいいかな。前菜はワインのつまみを兼ねて。 貝がおいしい季節だから、パスタはアサリでボンゴレにしよう。

 

材料を準備する(メニューを実現するために必要なものは)

買い物は、前菜はトマトとモツァレラチーズと白身の刺身で。そうそうフレッシュバジルの葉っぱはどこで売っているかな。もちろんアサリと、ワインは白を。前菜は振りかけるオリーブ・オイルが味のポイントだから、ちょっと奮発して風味のあるバージンオイルを買って帰ろう。

 

手順を確認し製作する(下ごしらえと調理の手順とポイントは)

パスタを作る2~30分前からアサリの塩抜き、前菜は2品とも早めにつくって冷やしておくこと(冷たさがポイント)。白ワインも冷やしておいて、パスタをゆでるお湯を沸かして(塩は多めに) 等々。

 

出来映えを評価する(想定した味、満足を実現できたか)

野菜と生魚と貝でバラエティに富んでいたメニューだったし、味も思い通り。白ワインにぴったりでおいしかった。子供たちもすごく喜んでくれた。

 

 

小規模ですが、企画⇒実施⇒結果評価まで一連のプロセスが行われています。仕事で得意としているこのプロセスに沿っていけば良いので、企画担当者に料理はなじみやすいのです。

 

では仕事で企画している人たちが、プライベートでも同じようなことをしたいと思うのはなぜでしょうか。  

 

仕事の企画と料理の相違点

一般的に仕事で行う企画は、

  • 実現するまでに長い時間がかかる
  • 影響する要因も多く、たくさんの人たちが関わっているので、なかなか自分の思い通りには運ばない


ため、企画者たちが個人的な達成感を感じられないことがよくあります。

 

それに引き替え、料理は、自分がきちんと考えたとおりに実行すれば、

  • 個人的に満足いくものを完成できる
  • 自分の企画の結果をリアルタイムで確かめられる

ので、簡単に小さな達成感が得られます。同時に

  • 自分なりのアイデアや工夫を発揮できる
  • 誰かにごちそうして相手の喜ぶ顔を見られる

と良いことずくめです。

 

企画系の仕事が長い私も、子供の頃から料理が大好きです。

あなたはいかがですか。「企画好きは料理好き」は周りの方に

当てはまっているでしょうか。 

 


このブログの書き手は⇒⇒⇒MOMO(モモ)高橋澄子プロフィール

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
MOMO(モモ)高橋のブログ更新情報
RSS登録

 この記事のカテゴリー

 カテゴリー一覧


0 コメント

 このブログのテーマ


このブログの書き手は⇒⇒⇒MOMO(モモ)高橋澄子プロフィール

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

MOMO(モモ)高橋のブログ更新情報
RSS登録