才能とは

           名言に学ぶ

報われないかもしれないところで、同じ情熱、気力、モチベーションをもって継続してやるのは非常に大変なことであり、私は、それこそが才能だと思っている。

羽生善治(将棋界初の全タイトル独占を達成した天才棋士)

決断力 (角川oneテーマ21)

 

         MOMO(モモ)の解説

 

 25歳のときに、将棋史上初の7タイトル全制覇を達成し、若くして将棋界の頂点に立った羽生氏の言葉は、私たちの心に重く響きます。

 

私たちは才能を、その人が元々持っているものと考えがちです。

 

特に、羽生氏のように若くして圧倒的な結果を出した人に対しては、当たり前のように天才と呼んでいます。

 

しかし羽生氏は、表舞台でのきらめくような成功は天賦の能力の賜物ではなく、心折れることなく努力を続けられる能力にあるといっているのです。

 

才能が天から与えられたものでないとしたら、凡庸な私たちも努力によって何とかなるかもしれないと希望を抱くことができます。

 

しかし現実には、どんなときにも

(たとえば、なかなか成果が出ないときに、また成功を手にした後に)

変わらぬ気持ちとモチベーションで努力を継続できる人は、そうはいないのです。