アサーション(assertion)

            用語集(あ行)

 

 アサーション(assertion)とは「主張」「断言」を意味する言葉である。

 

言葉どおりに取ると「一方的」「押しつけがましい」ニュアンスも考えられるが、本来のアサーションとは「自分も相手も大切にしている自己表現」「自分も相手も大切にする人間関係のもち方」である。

 

具体的には相互を尊重しながら主張し、表現するコミュニケーションの形を取る。

 

(このため、アサーション=適切な自己表現ができるコミュニケーションと説明されることもある。)

 

 

アサーションを身につけている人を、アサーティブな人と呼ぶ。

アサーティブな人は、自分の考えや気持ちを「攻撃的になることなく」「萎縮することなく」、適切に伝えるコミュニケーションや行動が取ることができる

アサーティブな人は、自分の考えや主張を表現することができるので、自分に自信が持て、他人と積極的に関わろうとする姿勢が生まれる。

また、アサーティブな態度で接すると、攻撃される不安が無いので相手も安心し、発言や主張を余裕を持ってきくことができる。

 

また、意見が対立した場合でも、交渉しお互いに歩み寄る余地を持てる。

結果として、相手との信頼関係を築くことが可能となり、良好な人間関係をつくっていくことができる。

アサーティブでない人・態度には、アグレッシブノン・アサーティブの2つがある。

 

参考文献:平木典子編「現代のエスプリ450:アサーション・トレーニング」至文堂

 


【関連用語】