クライアント

コーチング、カウンセリング、サイコセラピー(心理療法)を受けている対象者の呼び方。

それぞれコーチとクライアント、カウンセラーとクライアント、サイコセラピストとクライアントという組み合わせで呼ばれる。

コーチング、カウンセリング、サイコセラピーの場では、受けられる方のプライバシーに関する情報の開示が不可欠なので、職業倫理として守秘義務の厳守が求められる。

専門家同士の報告連絡、事例検討の場などでは、クライアントと称することで、相手の氏名を特定できない形で会話をすることができる。

【関連用語】 カウンセリング  気づき  コーチング  サイコセラピー