用語集(さ行)

       ストレス(Stress)


 

 ストレスは、元は「ひずみ」を意味する物理学の用語だったが、転じて、身体的、心理的な「歪み」を生じた状態を表す言葉として使われるようになった。

 

一般的にストレスというときには、

  • 「歪み」を発生させる原因や環境:ストレッサー(stressor)
  • 
  • ストレッサーによる生物的・心理的な反応:ストレッサー(stress reactoin)

の両方を含む。

 

 何をストレッサーと感じるかは人によって異なる。

ある人にとってはストレッサーとなる出来事(ex.転勤、昇進)なども、別に人にはやる気が出るチャンスである。

 

また自分がコントロールできない出来事(ex.家族の死、解雇)は、誰にとってもストレッサーになりやすいといわれる。

 

主なストレス反応には、

  • 心理的反応(ex.怒り、不安、抑うつ、意欲低下、無気力)
  • 身体的反応(ex.不眠、過食、疼痛、高血圧、心不全)
  • 社会的反応(ex.回避、遅刻、欠勤、けんか、生活の乱れ)

がある。

 

ストレス・マネジメント(Stress Management)

           用語集(さ行)

 

 生きている以上、ストレスはなくならない。

 

そこで、ストレスを避けるのではなく、ストレスを感じる状況や自分自身をコントロールすることで、ストレスの軽減を図るために、ストレス・マネジメントが開発された。

 

ストレス・マネジメントを適切に行うには、

 

  ①ストレスのメカニズムについて知る

  ②本人のストレス特性を知る

  ③ストレスへの対処法を知る

ことが必要となる。

 

  ③ストレスの対処法には

 

   ・ストレッサーとなっている問題の直接的解決法

   ・否定的・消極的な思考を変える方法

   ・緊張・不安・怒りのコントロール法

 

などが含まれる。

 

【関連用語】  

メンタルヘルス