フォーカシング

人が考えたり、話したり、行動したりすることに背景には、自分が何か言いたい感じや何となく感じていることが存在する。

 

このような言葉や行動で実際に表現される前の身体感覚(フェルトセンス)に注意を向け、大事にするやり方(技法)をフォーカシングという。

 

フェルトセンスは、自分でもまだはっきりと意識できない段階の知恵や考え、感情を表している。

通常のコミュニケーションに加えて、フェルトセンスに敏感になることによって、自分や相手の本当の思いや気持ちをより深く理解できるようになる。

 

カウンセラーやコーチがクライアントに共感するために役に立つ技法である。

 

【関連用語】 カウンセリング  コーチング