欲求5段階説

            心理学用語

 

人間性心理学の側面から、アブラハム・マズロー(Mazlow,A.H.)は人間の基本的な欲求(ニーズ)は5つの階層に分類できると提唱した。


階層①生理的ニーズphysiological needs  

 

人間の生存に関わる最も基本的な欲求。

商品例/飲料水、食品、衣服、住居など。


階層②安全ニーズsafety needs

 

安心できる安全な環境で、できるだけ安定した生活を送りたいという欲求。

商品例/預金、保険、セキュリティ、学校教育など。


階層③社会的ニーズ(social needs):


 所属と愛のニーズとも呼ばれる。人と接したい、交わりたい、人から好かれたい、求められたいという欲求。

商品例/レストラン、遊園地、ゴルフ場、バーなど。


階層④自尊ニーズ(esteem needs:

 

尊敬ニーズとも呼ばれる。自分は成功している、自立していると感じたい、他人から認められたい、評価されたいという欲求。

商品例/高級車、有名ブランド品、宝飾品、邸宅など。


階層⑤自己実現ニーズself actualization needs

 

自分を磨きたい、成長したい個人の可能性を追及したいという欲求。

商品例/美容、健康関連の製品・サービス、社会人教育や生涯教育など。

 

マズローは、人間は低次の欲求が満たされるにつれ、より高次の心理的ニーズを重視するようになり、自己実現を目指すと主張している。 

 

【関連用語】 人間性心理学