EAP(従業員支援プログラム)

          用語集(あ行)

 

 企業に働く従業員の精神的、身体的健康の維持を目指し、直接的、間接的に企業の生産性に影響を与える諸問題を解決しようとする企業のプログラムである。

当初は従業員のアルコールや薬物の乱用を対象として始まったが、その後従業員の健康全般や家庭生活、家族の問題、法的な問題などに範囲を広げ、仕事生産性に影響を与える個人的問題の発見と、専門的援助を目指す。

企業内部で担う型と外部期間に委託する型の2つがあるが、いづれの場合も従業員の個人情報の守秘が前提となっている。

米国で始められたプログラムなので、日本ではまだ導入・機能ともこれからの部分がある。

参考文献:山口湯裕幸他「よくわかる産業・組織心理学」ミネルヴァ書房

【関連用語】

メンタルヘルス