アイドル嵐がチームになったとき|チームの条件(前篇)

音楽誌が書かないJポップ批評 ジャニーズ超世代!「嵐」を呼ぶ男たち (宝島SUGOI文庫)

こんにちは、コーチ・コンサルタント・カウンセラーの

MOMO(モモ)高橋澄子です。

 

組織で活動するときチームワークが大切だといわれますが、

そもそもチームとは何でしょうか。

改めて問われるとちょっと考えてしまいます。

 

そこでチームになる条件を、アイドル嵐を例にみてみましょう。

 

チームの4つの条件

単なる集団は、次の4つの条件を満たすことでチームになります。

1.メンバー全員が達成すべき目標を共有している

 

2.各メンバーにそれぞれ果たすべき役割が割り振られている

 

3.メンバーは協力関係、適切な依存関係にある

 

4.メンバーとメンバー以外の境界が明確である

嵐はどんな風にこの条件を満たしているのでしょうか。

 

メンバー全員が達成すべき目標を共有したとき

 嵐は、1999年にデビューした男性5人組のアイドルグループです。

 

嵐になる前ジャニーズJr.で一緒でしたが、全員が親しかったわけではありません。

 

メンバーの内3名(櫻井くん、二宮くん、大野くん)は事務所を辞めようと思っていた矢先のデビューでした。

そこで、メンバーの嵐の活動に対する思いはマチマチだったようです。

 

ところがデビューの話題性が薄れるにつれて、徐々に仕事が減り人気にかげりが見えてきました。

 

コンサート会場に空席が目立つようになったとき、5人は初めて「嵐って何だろう」「自分たちはこれからどうすればよいのか」「将来どうなっていきたいのか」を本音ベースで語り合います。

 

何度も語り合う中で、初めて「自分たちの目指す姿、達成したい目標を共有するチーム」となったのです。

 

メンバーは当時を振り返って、この時点から本当の嵐が始まったと語っています。

 

その後、全員が共通の目標に向かって努力し、当時描いた「メンバーそれぞれがドラマで主演を張らせてもらえるようなグループになりたい」という目標を、今達成しています。

 

それぞれが果たすべき役割が割り振られているか

 

デビューから10年以上をかけて

 

 ◇ニュースキャスターを務める知性派「櫻井くん

  ⇒番組の仕切りや司会進行を担当。

 

 ◇動物好きで明るく元気な「相葉くん」

  ⇒バラエティのボケ担当。

 

 ◇クールな演技派「二宮くん」

  ⇒バラエティでは鋭い突っ込み担当。

 

 ◇ビジュアルも振る舞いもカッコイイ「松本くん

  ⇒男性アイドルの王道である王子様キャラを担当。

 

 ◇歌と踊りが上手で芸術的センスをもつリーダー「大野くん」

  ⇒職人肌のエンターティメントと癒し系のリーダーシップを担当。

 

というパブリック・イメージをつくりあげ、5人が異なる魅力をもつグループになりました。

 

 10~20代前半は、現在知性派の櫻井くんが茶髪にピアスのとがったイメージを、現在男らしさを代表する松本くんがかわいい末っ子のイメージを見せていました。

 

その後、各々の個性とメンバーとのバランスを考えたのか、明らかにキャラクターを変更しています。

 

即興でのトークやバラエティ番組で、5人はキャラクターのイメージを踏まえ、お互いの役割を自然に果たしているように見えます。

 

<チームの条件3~4については後編で。>

 


このブログの書き手は ⇒⇒⇒MOMO(モモ)高橋澄子のプロフィール

 

MOMO高橋のブログ更新情報
RSS登録

 この記事のカテゴリー

 カテゴリー一覧