組織って何だ?を解説すると…。

組織とは何かを考える

こんにちは、コーチ・コンサルタント・カウンセラーの

MOMO(モモ)高橋澄子です。

 

 あなたは組織という言葉から何を想像しますか。

 

 「あなたの会社はいい組織ですね」「○○社の組織は問題だなあ」などと日常的に使われることが多い言葉ですが、そもそも「組織と何か?」と問われると、説明しにく言葉ではないでしょうか。

 

そこで今日は「組織とは何か?」について考えてみます。

 

組織と他の集団との違い

組織は、人の集まり(集団)の1つです。

 

人の集まりといえば、友達同士のグループも集団ですし、街の群衆も集団ですが、組織とは呼びません。

 

集団のメンバー全員が協力して達成しようとする明確な目標がある

 

とき、その集団は組織と呼ぶことができます。

 

 企業、官公庁、教育機関、NPO団体などは、設立の目的と組織の目標を掲げ、所属するメンバーが目標達成を目指して活動する集団なので、組織と呼ばれるのです。

 

ヨコ(水平)方向の分業とは

 

組織目標の達成には、さまざまな仕事が必要です。

 

メーカーを例にとると、

・商品の企画・開発、設計、原材料の調達、生産、物流、販売、アフターサービス

に加えて、

・経理、財務、総務、人事、経営企画

などの仕事が必要です。

 

こうした仕事を遂行するのに、メンバー個人個人がバラバラに活動することは非効率的で、混乱を招くでしょう。

 

そこで組織では分業が行われます。

 

 限られたメンバーで、ムダなくモレなく仕事をしていくために、仕事を区分し、それぞれの仕事に責任をもつ担当者を決めて、ヨコ(水平)方向の分業を行うのです。

 

ヨコ(水平)方向の分業のプラス面・マイナス面

 

 ヨコ(水平)方向の分業によって、各担当は自分たちの仕事に集中し、効率的に目標達成が図れるようになりました。

 

ところがここで別の問題が生じます。

 

組織は、個性も価値観も違う人たちの集まりなので、当然意見の相違があります。

 

加えて、ヨコ(水平)方向の分業のマイナス面として

 

・担当する仕事ごとに仕事の進め方や考え方が違ってくる

・利害が対立したり、見解の相違が生じやすい

 

ことがあげられます。

 

このため組織では、意見の衝突対人葛藤(人間関係の緊張状態)が頻繁に起こり、目標達成を妨げます。

 

 そこでヨコ(水平)方向の分業を補完するものとして、タテ(垂直)方向の分業が行われます。

 

タテ(垂直)方向の分業とは

 

 タテ(垂直)方向の分業とは、

 

・組織の中でのメンバー間の上下関係や位置づけを決め、

 

・位置づけに応じた意思決定の権限を与えることで、

 

・意見や葛藤状況の調整を図り、メンバー全員の考えをひとつにまと

めるリーダーシップを発揮する

 

分業です。

 

タテ(垂直)方向の分業とは、ヨコ(水平)方向の分業で別々に行われている各分野の仕事を、統合する役割といえます。

 

 たとえば、販売と開発の担当者間で意見の衝突が生じ、膠着状態におちいったとき、それぞれの上司である課長間で利害を調整したり、意見の統一を図り、対立を解消するなどの対策がとられます。

 

 

同時に、このタテ(垂直)方向の分業は、

 

・経営トップからのメッセージ(経営方針や目標)をメンバーに伝え

・メンバーからの情報を吸い上げ経営トップの伝達する

 

上下のコミュニケーションをつなぐ媒体の役割も果たしています。

 

まとめ「組織とは」

組織とは、

 

1.明確な目標をもっている

2.目標を効率的に達成するためにヨコ(水平)方向の分業を

  行っている

3.同時に、タテ(垂直)方向の分も行い、全体の統合を

  図っている

 

集団である。

 したがって、1の目標が不明確だったり、2~3が分業の目的どおり機能していないと、組織としてうまく機能していないと考えられます。

 

 

参考文献:山口裕幸・金井篤子編「産業・組織心理学」ミネルヴァ書房

 


このブログの書き手は ⇒⇒⇒ MOMO(モモ)高橋澄子のプロフイール

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

MOMO(モモ)高橋のブログ更新情報
RSS登録

 この記事のカテゴリー

 カテゴリー一覧